ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の真冬対策!!

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を飼育する上で、温度管理は非常に大事です。

元々砂漠などに生息している生き物なので、最低でも20度以上にしないと、動きが鈍くなり、冬眠してしまいます。

冬眠をさせるのは難しいので、出来るだけヒーターを使用して、20度以上を保つようにしましょう。

f:id:yuto18m:20190404172915j:image

f:id:yuto18m:20190404172958j:image

私の場合 、下に引くための底板ヒーターと、元々ヒーターが内蔵されている飼育ケースを使用しています。




正直、下のヒーターでシェルターの中が暖かくなるようにしとけば大丈夫ですが、不安な方は、上にもつけるようにしましょう。


こちらが、私が使用している底に敷くタイプのヒーターです。

下に敷くタイプのヒーターは、ケースの半分に敷いて、暖かい部分と、普通の部分を作るようにしましょう。

安いので、おススメです。

底だけで不安な時などはこちらも使用すると良いと思います。


真冬の滅茶苦茶寒い時期だと、底敷ヒーターだけだと不安だという方もいると思うので、上からのヒーターもつけておくと完璧です。

少し値段はしますが、飼育ケースを既に持っている方などはこちらが良いでしょう。

こちらは、ヒーターも含めて全てを含んだセットになっているので、これからレオパを飼育し始める人にはオススメです。




まとめ

これからの季節には必要ありませんが、必ず必要になるアイテムなので、早めに購入して起きましょう。

暖房を一生つける部屋で飼育しているなら必要ありませんが、暖房をつけない場合は、冬場に必要なので購入する必要があります。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


レオパードゲッコウランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です