超簡単!オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー)の飼育方法!

今回は、少し前に紹介させていただいた、オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー)の飼育方法についてまとめさせていただきます!!

オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー)の生態や魅力とは??

2019年4月21日
オウカンミカドヤモリの生態などはこちら!

ヒョウモントカゲモドキと同じく簡単なので爬虫類を飼育した事ない方にもオススメのペットになります!!

オウカンミカドヤモリの飼育に必要なもの

f:id:yuto18m:20190427115232j:image

飼育ケース


ヒョウモントカゲモドキと同じようなケースでもいけますが、クレステッドゲッコーは樹上棲なので、高さも割と必要になってくるので、このくらいの大きさがあると良いでしょう。

高さがあり、蓋のあるものにしましょう。

床材

床材に関しては、ヒョウモントカゲモドキと同じく、キッチンペーパーで代用出来ます。

なんなら掃除などをする上ではキッチンペーパーの方が便利です。


レイアウトを気にする方は、比較的乾燥に強い、ハスクチップなどがおすすめです!

ヒーター


ヒーターに関しては、ヒョウモントカゲモドキと同じもので大丈夫ですが、どちらかというと底面に使用するのではなく、横から温めるようにしましょう。


温度に関しては、ヒョウモントカゲモドキと同じ25度〜30度が適温となります。

最低でも、20度は切らないようにしましょう。




4. 水入れ


水入れも必ず必要になってくるので用意しておきましょう。

注意!
クレステッドゲッコーは、感想に弱い為、常に清潔な水を入れておく必要があります。

水に関しては詳しく下で紹介しております。

登り木


クレステッドゲッコーは、樹上棲なので、登り木を入れる必要があります。

上のような人工のものや、木の枝などを入れておくようにしましょう。

木の枝を入れる場合は、細いものではなく、太いものを入れて倒れないようにしましょう。

地面に寝かせるのではなく、立てかけるようにしておくようにしましょう。


クレステッドゲッコーは、人工飼料で飼育することが可能です。

元は雑食性ですので、コオロギやデュピアなどでも飼育可能です。

飼育に必要なものリスト
飼育ゲージ(高さのあるもの)

床材…キッチンペーパー or ハスクチップ or ヤシガラマット

保安器具 水入れ 登り木 人工飼料




オウカンミカドヤモリの飼育方法

ハンドリング

クレステッドゲッコーは大人しい性格で、動きもそこまで早くないため、ハンドリングは可能です。

トカゲと同じように自切をするので、尻尾に余り刺激を与えないようにしましょう。

適性温度 湿度

適正温度 湿度
適正温度…25度〜30度

適正湿度…40%〜70%

クレステッドゲッコーは寒さに弱いので、理想としては27度をキープです。

湿度を保つために、必要であれば1日1回決めた時間に霧吹きをしましょう。

餌について

上でも述べていますが、雑食性でコオロギなどの昆虫を捕食しています。

飼育下での餌としては、生き餌ならコオロギやデュピア もしくは専門の人工飼料になります。

餌の頻度としては、

3日に1度、お腹一杯になる手前まで与えるようにしましょう。

餌を食べない時
餌に飽きたり、飼育環境に慣れていない時は食べない事があります。

その時は生き餌を与えたり、温度湿度のチェックなどを行いましょう。




まとめ

今回は、オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー)の飼育方法について紹介させていただきました!!


新版 可愛いヤモリと暮らす本―レオパ&クレス (アクアライフの本)

私は飼育するときはこちらを参考にさせていただきました。

爬虫類を飼育したい! だけど生きたコオロギは苦手、という方も割といてると思うのでそのような方にはかなりオススメの個体になります。

YouTubeにて動画投稿始めました!

ご視聴&チャンネル登録お願いします🙇‍♂️

今回はここで終わりたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!!

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


レオパードゲッコウランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です