超簡単! フトアゴヒゲトカゲの飼育方法!

少し前に、フトアゴヒゲトカゲの生態や魅力を紹介させていただきました。

今回はそんなフトアゴヒゲトカゲの初心者のための飼育方法についてまとめていきたいと思います!!

フトアゴヒゲトカゲの飼育方法!

飼育ケース

フトアゴヒゲトカゲは全長が40cmを越えるため、このくらいの大きい爬虫類ケースが必要です。

ヒョウモントカゲモドキなどと違い、大きめの飼育ケースを用意しましょう。

上からでは無く、前から開けるものにしましょう。

ヒーター

フトアゴヒゲトカゲは、暖かい気候に住んでいるため、ヒーターは必須です。

こちらのライトは、昼夜兼用なので便利です!

昼間は30度〜36度

夜間は22度〜27度

を目安に温めてあげましょう。

温度調節が結構大事な生き物ですので、温度計も必ず購入するようにしましょう!!


水入れ

水入れに関しても必須です。

2日に1回程度、水も交換するようにしましょう!

床材

床材は、爬虫類専用の砂を使用します。

オススメは上の商品ですね。

ヒョウモントカゲモドキと違い、キッチンペーパーで飼育するのは少し難しいですね。

シェルター

フトアゴヒゲトカゲが落ち着ける場所としてシェルターは必須なので、大きめのものを用意しましょう。

飼育ケースの中に、日向と日陰を作るためにも必要ですので、必ず用意するようにしましょう。

またフトアゴヒゲトカゲは、半樹木棲なので流木なども設置するようにしましょう。

高い木に登ることもあるので、大きめの流木を高さをつけてレイアウトするようにしましょう!!


まとめ

今回はフトアゴヒゲトカゲの飼育方法について紹介させていただきました。

餌に関しては、幼体と成体で変わってくるのでまた今度詳しくまとめていけたら良いなと思います。

ヒョウモントカゲモドキやコーンスネークなどの他の初心者に人気の爬虫類と比べると、フトアゴヒゲトカゲは少し費用がかかりますが、飼育自体はそこまで難しくないので、人気の個体になっています!!

私自身も昔飼育していたことがありますが、そこまで飼育は難しくはありません、ハンドリングも出来るので人気の理由が分かりますね!

また余裕が出来たら飼育したいなと思います!

今回はここで終わります。

最後まで見ていただきありがとうございました!!

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


レオパードゲッコウランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です