初心者にオススメのヘビ5選!

爬虫類の中で、トップクラスの人気を誇るヘビですが、実は初心者にもオススメの爬虫類となっております。

人気の点としては、飼育方法がそこまで難しくないというのと、色が綺麗だというところもあります。

今回は、初心者にオススメのヘビを5種類紹介させていただきます!!

コーンスネーク

f:id:yuto18m:20190602170522j:image

基本情報
【学名】Elaphe guttata

【生息地】アメリカ合衆国一部

【大きさ】120cm〜150cm

【寿命】10年程度

ペットとして飼育されるヘビとして最もポピュラーなのはコチラでしょう。

一般的にヘビは凶暴なイメージが強いと思いますが、

コーンスネークは比較的大人しい性格なので、噛み付いたりしてくる事は滅多にありません。

また、ヘビの中では寒さにも強い丈夫な個体です。


ボールパイソン

f:id:yuto18m:20190602170902j:image

基本情報
【学名】Python regius

【生息地】アフリカ大陸

【大きさ】100cm〜150cm

【寿命】15年〜20年

ザ ヘビという感じがしているので、苦手な方は苦手かもしれませんが、コチラも初心者にオススメのペットになります!

ボールパイソンは臆病で人を攻撃する事はありません。

また、コーンスネークに比べると若干神経質ですが、初心者の方でも問題なく飼育が可能です。

カリフォルニアキングスネーク

f:id:yuto18m:20190602171318j:image

基本情報
【学名】Lampropeltis getula californiae

【生息地】アメリカ合衆国 メキシコ

【大きさ】150cm〜200cm

【寿命】10年〜20年

カリキンの生態について

カリフォルニアキングスネークの生態や特徴!

2019年6月30日

ヘビの中でもかなり細身の個体ですので、飼育する上で1番注意する点は脱走になります。

飼育方法やケースに関してはほとんどコーンスネークと同じですが、唯一コチラのカリフォルニアキングスネークは動きが活発です。

カリフォルニアキングスネークの気持ちが高ぶってる状態は、尻尾を震わせて音を出しています

このような状態の時はハンドリングなどは控えましょう。

カリキンの飼育方法はコチラです。

カリフォルニアキングスネークの飼育方法!

2019年7月2日

シシバナヘビ

f:id:yuto18m:20190602172008j:image

基本情報
【学名】Heterodon

【生息地】アメリカ合衆国 メキシコ北部 カナダ南部

【大きさ】50cm〜80cm

【寿命】15年〜20年

コチラの人気の理由としては、これまで紹介したヘビの中でも珍しいタイプの形をしており、鼻の先端が盛り上がっているのが可愛いですね。

一点だけ注意すべき点としては、

唾液中に神経毒が含まれています。

弱毒性なので命に危険を及ぼすことはありませんが

長時間噛まれていると腫れてきます。

コロンビアレインボーボア

f:id:yuto18m:20190602173055j:image

基本情報
【学名】Epicrates cenchria maurus

【生息地】中南米〜アメリカ南部

【大きさ】120cm〜200cm

【寿命】20年程度

コチラのヘビも、かなり大人しいのでハンドリングも容易に行えます。

飼育する上で注意する点としては

コチラの個体は南米の熱帯雨林に生息しているため、高温多湿な環境を好みます。

そのため、冬場の温度管理や普段からの湿度管理が必須となります。


まとめ

今回は、初心者にオススメのヘビを5種類紹介させていただきました!!

ヘビの中でも比較的大人しい種類なので、ハンドリングをする事も容易なのでオススメです😊

それでは今回は以上で終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


レオパードゲッコウランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です