アシナシトカゲの生態や特徴!

その見た目から蛇じゃないのと間違えられるアシナシトカゲ、名前の通り足がありません(笑)

今回はそんな不思議で魅力的なアシナシトカゲの生態や特徴を紹介していきたいと思います!!

アシナシトカゲとは!

基本情報

綱:爬虫綱

目:有鱗目

下目:オオトカゲ下目

科:アシナシトカゲ科

見た目だけで言うと完全に蛇ですけど、生物学上はトカゲの分類だということですね(笑)

生態

①. 体長

平均的には30cm〜50cm

最大種であれば120cm程度

トカゲの中ではかなり大型の部類ですね。

②. 生息地

ヨーロッパ 北米 アジアなど広く生息

基本的には草原や石の多い原野に生息

種によれば樹上棲や地中性も存在

③. 寿命

50年とかなり長寿です。

④. 食性

昆虫 ミミズ カエル 鳥の卵 小型の哺乳類



特徴

ポイント

  1. 足は退化
  2. 動きは完全に蛇
  3. 卵生と卵胎生が存在
  4. トカゲと同じく尻尾を自切

実は多くのアシナシトカゲの種は足があります。足が無い種は少ないです。

顔はトカゲですけど動きは蛇です(笑)

種によって卵を産む種と、体の中で卵を孵化させ子供を産む種が存在します。

トカゲと同じく危険が迫ると尻尾を自切して逃げます。

まとめ

今回は、蛇に似たアシナシトカゲの生態や特徴を紹介させていただきました!!

動きは蛇ですがそれ以外はトカゲと、かなり魅力的な生き物ですね!!

それでは今回は以上で終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です