アシナシトカゲの飼育方法!

足が無くて見た目や動きは完全に蛇に見えるアシナシトカゲ。

そんな魅力的なアシナシトカゲの飼育方法を紹介していきたいと思います!

ちなみに今回紹介するのは、ヨーロッパアシナシトカゲの飼育方法になります!

アシナシトカゲの飼育方法はコチラ↓

アシナシトカゲの飼育に必要なもの

飼育ケース


ヨーロッパアシナシトカゲは最大で1mを超えてきます。

最低でも横幅60cm以上ケースを用意するようにしましょう。

力が強いので、ケースに必ず蓋をし、上に重りを乗せて脱走しないように気をつけましょう。

保温器具


基本的に温度は25度前後を維持するためにヒーターが必要です。


紫外線ライトも、弱いもので良いので必要になってきます。

床材


アシナシトカゲに使用出来る床材は様々な物があります。

個人的にオススメするのはヤシガラマットになります。

乾いてる部分だけで無く、一部分を湿らせておきましょう。

水入れ

基本的に水は毎日変える必要があります。

高さの低い水入れを用意しましょう。


コオロギ デュピア ピンクマウスなどがおススメです。




アシナシトカゲの飼育方法

温度

先ほども書きましたが

温度 25度前後

が理想ですが、元々住んでいる地域が寒い地域なので、そこまで気にする必要はありません。

の頻度

ヨーロッパアシナシトカゲは体の側面にヒダがあります。

このヒダが伸びきった状態だと肥満になってしまうので、ヒダの状態を確認しながら餌を与えるようにしましょう。

まとめ

今回は、ヨーロッパアシナシトカゲの飼育方法を紹介させていただきました!!

結構謎が多いので飼育は少し難しいかもしれませんが、魅力的な種類でもありますね。

それでは今回は以上で終わります!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です