ヒョウモントカゲモドキと愉快な仲間たち

主にレオパ 金魚 タウナギ クワガタなどについて投稿していきます!

アカハライモリの飼育方法

前回、アカハライモリの生態や特徴について紹介させていただきました。

 

アカハライモリの生態や特徴はコチラ↓

www.yutoleopa.com

 

 

今回はそんな日本でも良く見られるアカハライモリの飼育方法を紹介していきたいと思います!!

 

アカハライモリの飼育に必要な物

f:id:yuto18m:20190731153019j:image

 

1. 飼育ケース

 

このように、全てセットで購入するのもお得です。

 

飼育ケースとしては

1匹だけの場合は小さい水槽でも大丈夫ですが

2.3匹で飼育する場合は上のような30cm〜60cm程の大きさの水槽が必要になります。

 

イモリは食欲旺盛ですぐ水が汚くなるため、

3日に一度のペースで水換えをする必要があります。

 

2. 浮き島

 

イモリは、飼育ケース内に水と陸の両方を用意する必要があります。

 

しかし、水と陸を完璧に分けるために砂や石を入れる必要は無く、

上のような浮き島を入れておくと良いでしょう。

 

3. 餌

 

イモリは野生下では昆虫やミミズを捕食しています。

 

飼育下では、冷凍・乾燥ミミズや赤虫などを与えましょう。

 

水槽の水が汚れるのが気になる方には

 

 

イモリ専用の人工餌もあるので、そちらを与えてみてもいいでしょう。

 

4. 水草

 

イモリを繁殖させたい方は必要になってきます。

水草や水中の落ち葉やコケに卵を産むため、水草を入れておくとそこに卵を産んでいるでしょう。

 

1匹だけの飼育の方や、繁殖をしない方、レイアウトを気にしない方は必要ありません。

 

アカハライモリの飼育方法

f:id:yuto18m:20190731153107j:image

 

1. ハンドリング

 

イモリは変温動物のため、必要以上に触ってしまうと体温が変化して弱ってしまいます。

 

触れ合うのはほどほどにしましょう。

 

2. 温度管理

 

基本的に温度管理は必要ありませんが、夏場の高温には注意が必要です。

 

夏場は直射日光の当たらない場所に置いて、高温にならないようにしましょう。

屋外で飼育している方は、日陰で風通しの良い所に置いてあげましょう。

 

3. 給餌

 

冬の間以外の、活発に活動している期間は、週に2回程度餌を与えるようにしましょう。

 

冬の間で、冬眠させない場合は週に1回程度与えましょう。

 

4. 冬眠

 

室内で飼育している方は、冬眠させない方がほとんどだと思います。その場合は基本的に普段と飼育方法は変わりません。

 

屋外で飼育している方は、野生と同じように冬眠するので、水が無くならないように注意して冬眠させましょう。

 

まとめ

 

詳しく知りたい方には上の物をオススメします。

 

今回は、アカハライモリの飼育方法について紹介させていただきました!!

 

※YouTubeで動画投稿してます!

是非ご視聴&チャンネル登録お願いします!!

 

それでは今回は以上で終わります!!
最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

アカハライモリの生態や特徴

見た目が可愛らしく、日本でも比較的良く見られるアカハライモリですが、日本の固有種になります。

 

今回はそんなアカハライモリの生態や特徴を紹介していきたいと思います!

 

アカハライモリの基本情報

f:id:yuto18m:20190722231002j:image

 

全長 10cm前後

寿命 20年

 

成長しても10cmなので、ペットとして飼育するのにも向いています。

 

アカハライモリの生態

f:id:yuto18m:20190722231247j:image

 

1. 生息地

 

本州 四国 九州とその周辺の島々に生息していていますが、対馬島には生息していません。

 

水田 河川の淀みなどの流れのない淡水域に生息しています。

 

冬季は水路の落ち葉の下や石の下で冬眠をします。

 

2. 餌

 

昆虫やミミズ 他の両生類の卵などを捕食している肉食の両生類になります。

 

3. 特徴

 

その名の通り、お腹が美しい赤色になっています。

 

実は体には、フグと同質のテトロドトキシンという毒を持っており、腹部の赤模様はそれを知らせる為だとも言われています。

 

サンショウウオ類では珍しく、一年を通して水中で生活しています。

 

4. 毒

 

先ほど、フグと同質の毒を持っていると言いましたが、アカハライモリはそれほど多くの毒を保有していないので、人間には殆ど影響がありません。

 

また、毒があるから天敵がいないと思われガチですが、鳥  蛇 蜘蛛などが天敵になっています。

 

まとめ

今回は、アカハライモリの生態などについて紹介させていただきました!!

 

人間にも身近な両生類になっているので知っている方も多いと思います。

 

次回はアカハライモリの飼育方法を紹介していきたいと思います。

 

それでは今回は以上で終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

グリーンパイソンの飼育方法!!

鮮やかな緑色が魅力的で、木の枝に独特なとぐろを巻く事で人気のグリーンパイソンの飼育方法を紹介したいと思います。

 

グリーンパイソンの生態や魅力はコチラ↓ 

www.yutoleopa.com

 

 

グリーンパイソンの飼育に必要な物

f:id:yuto18m:20190711172304j:image

 

1. 飼育ケース

 

グリーンパイソンは完全樹上棲なので、高さのあるケースが必要になります!

 

行動範囲は広くないので、上のサイズで十分飼育する事が出来ます。

 

2. 床材

 

オススメとしては、湿度を保てるヤシガラマットやウッドチップなどです。

 

レイアウトを気にしない方は、ペットシーツや新聞紙などでも十分です。

 

3. 登り木

 

必須です。

レイアウトを気にするなら、流木などで自然を再現するのも良いです。

 

家にある人工物を使用しても良いです。

 

置き方としては、地面と平行になるように置いてください。

 

4. 餌

 

野生化のグリーンパイソンは主に鳥類を捕食していますが、飼育下では冷凍マウスで飼育する事が出来ます。

 

ただ、ベビーの頃は冷凍マウスを食べない事があるので、その場合は

 

最初はコチラの雛ウズラでも良いです。

 

冷凍マウスに雛ウズラの匂いをつける事で冷凍マウスにも食いついてくれるようになります。

 

5. 水容器

 

グリーンパイソンは水浴びや飲み水としての水は必要ありません。

 

主に、湿度を保つために水容器を入れることになります。

 

グリーンパイソンは高い湿度を好みます。

 

グリーンパイソンの飼育方法

f:id:yuto18m:20190711173955j:image

 

1. ハンドリング

 

グリーンパイソンは攻撃的で気性が荒く、鋭い牙を持っているため、ハンドリングには向いていません。

 

蛇の飼育に慣れている方は容易にハンドリングしていますが、初心者は素手でハンドリングはしないようにしましょう。

 

2. 温度・湿度管理

 

適正温度 27度〜32度
適正湿度 70%〜80%

 

冬場は、パネルヒーターを使用してケース外から温めるようにしましょう。

 

高い湿度を好むので、毎日霧吹きをしてケース内の湿度を保ちましょう。

 

冬場は特に乾燥するので、1日2回を目安に霧吹きするようにしましょう。

 

まとめ

今回は、グリーンパイソンの飼育方法を紹介させていただきました!!

 

初心者にはあまりオススメの種類ではありませんが、かなり魅力的な蛇になっているので、是非飼育してみてください。

 

YouTubeで動画投稿してます!

是非ご視聴&チャンネル登録お願いします🤲

 

それでは今回は以上で終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

グリーンパイソンの生態や魅力!

グリーンパイソンは綺麗な緑色が人気の蛇で、とぐろの巻き方が独特です。

 

気性が荒いので、飼育にはコツが必要になりますが、今回はそんなグリーンパイソンの生態や魅力を紹介していきたいと思います!!

 

グリーンパイソンの基本情報

f:id:yuto18m:20190708171640j:image

 

全長 150cm〜200cm

寿命 約10年

 

上の画像のように、木の枝につかまって独特な姿でとぐろを巻く事が有名で人気の秘訣です。

 

牙には毒はありませんが、長くて鋭いので一度噛み付かれてしまうと逃げることが出来ないのでそのまま獲物を丸呑みにしてしまいます。

 

グリーンパイソンの生態

f:id:yuto18m:20190708172257j:image

 

1. 生息地

 

インドネシア オーストラリアなどの主に熱帯雨林に生息している完全樹上棲になります。

 

夜間に獲物を求める時に地上に降りることもあります。

 

2. 餌

 

動物食で、爬虫類 鳥類 小型哺乳類を捕食します。

 

幼体の頃はトカゲやカエルなどを捕食します。

 

飼育する時は、マウスなどを与えるようにしましょう。

 

3. 魅力

 

一番の魅力はなんといっても鮮やかな緑色ですね!(笑)

 

樹上棲なので、地上棲であるコーンスネークなどを飼育している方は、その違いに魅力を感じると思います!

 

しかし、ボールパイソンやコーンスネークなどに比べて、気性が荒く攻撃的なので飼育の際は注意が必要です。

 

4. 天敵

 

グリーンパイソンは全長2mにもなる蛇なので、ほとんど天敵はいませんが、強いて言うなら「トラ」 「ワニ」など大型の猛禽類のみですね。

 

5. 繁殖

 

地表に一度で6-30個の卵を産みます。

メスは卵の周りにとぐろを巻いて保護しています。

 

まとめ

今回は、グリーンパイソンの生態や魅力を紹介させていただきました!!

 

鮮やかな緑色が魅力的で人気のある蛇になります。

 

それでは今回は以上で終わります!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

カリフォルニアキングスネークの飼育方法!

猛毒を持つ蛇を食べてしまう事から【キングスネーク】と呼ばれているカリフォルニアキングスネーク。

 

通称【カリキン】とも呼ばれる超人気の蛇になります!

 

前回、そんなカリフォルニアキングスネークの生態などを紹介させていただきました!!

 

今回は、カリフォルニアキングスネークの飼育方法を紹介していきたいと思います!

 

カリフォルニアキングスネークの飼育に必要なもの

f:id:yuto18m:20190702124732j:image

 

1. 飼育ケース

蛇の飼育ケースの目安は、とぐろを巻いた際の3倍の大きさが必要と言われています。

 

カリフォルニアキングスネークの場合は、横幅が60cm以上あるもので、脱走する事が無いように蓋がしっかり閉まるものを用意しましょう。

 

幼体の場合は、昆虫用の飼育ケースでも代用が効きます。

 

2. 床材

床材は、ウッドチップや新聞紙などがあります。

 

見た目を気にしない方は新聞紙でも構いません。

 

ただし、隠れる場所が無くなるので別で隠れる場所を用意するようにしましょう。

 

3. 水入れ

 

水入れは必ず必要になります。

 

とぐろを巻けるサイズの水入れを置いておくと、脱皮前に浸かってる事があるので目安としては、そのくらいのサイズになります。

 

4. シェルター 

 

シェルターに関しては必ずしも必要というわけではありませんが、新聞紙を使用している方は隠れる場所が必要なので、置いておくと便利でしょう。

 

5. ヒーター

 

冬場はヒーターが必要になるので、用意しましやょう。

 

詳しい温度については後で詳しく説明しています。

 

カリフォルニアキングスネークの飼育方法!

f:id:yuto18m:20190702133739j:image

1. 餌

 

野生のカリフォルニアキングスネークは、毒蛇から鳥までなんでも食べます。

 

飼育下では、冷凍マウスをサイズに応じて与えるようにしましょう。

 

餌を与える頻度としては

幼体の頃で5日に1回

成体になると10日に1回

程度で🆗です。

 

あまり餌を与えすぎると肥満になるので餌を与える頻度には注意が必要です。

 

2. 温度・湿度管理

 

カリフォルニアキングスネークを飼育する上での適正温度は25度〜30度になります。

 

また、飼育ケース内に温度差をつけるために、パネルヒーターは一部だけ温めるようにしておきましょう。

 

そして、直射日光が当たると温度が上がりすぎてしまう恐れがあるので、直射日光は避けるようにしましょう!

 

湿度はそこまで気にする必要はありませんが、乾燥を好むので、上がりすぎには注意が必要です。

 

3. 水入れ

 

先程、水入れが必須と言いましたが、主な理由としては、

 

・飲み水

・体温調節

・脱皮不全対策

 

かなり重要な役割を果たしてくれます。

 

また、水入れには水は半分程度にして、蛇が入った時に溢れないように注意しましょう。

 

まとめ

今回は、カリフォルニアキングスネークの飼育方法を紹介させていただきました!

 

蛇の中でも丈夫な種類で、飼育も容易なので、初心者にもオススメの蛇になります!

 

それでは今回は以上で終わります!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

カリフォルニアキングスネークの生態や特徴!

今回は、ペットとして人気の蛇の中でも人気の種類であるカリフォルニアキングスネークの生態や特徴を紹介していきたいと思います!

 

蛇の中ではコーンスネークと並ぶほど人気の種類で、体長も同じくらいなので、初心者にオススメの蛇でもあります!

 

カリフォルニアキングスネークの基本情報

f:id:yuto18m:20190630124132j:image

 

全長 150cm〜200cm

寿命 10年〜20年

 

蛇の中では比較的丈夫な種類で、見た目もワイルドなので蛇好きの中でもかなりの人気を誇ります!

 

コーンスネークと違う点としては、カリフォルニアキングスネークは割と獰猛で、不注意で噛まれてしまうことがありますので注意が必要です。

 

自身は毒を持っていないので、噛まれても痛い程度です。

 

カリフォルニアキングスネークの生態

f:id:yuto18m:20190630124644j:image

 

1. 生息地

 

アメリカ合衆国からメキシコの砂漠や森林などの様々な地域に生息しています。

 

時には耕作地や街の郊外にも出没します。

 

また、標高1000m程度の山地にも生息しています。

 

2. 餌

 

主に爬虫類 鳥などの卵、両生類などを捕食しています。

 

また、様々な毒蛇を多く捕食する事から【キングスネーク】と呼ばれています。

 

3. 活動期間

 

昼行性ですが、夏場などの暑い時期には夜行性になる傾向があります。

 

気温が下がる冬の時期は地面に潜り冬眠します。

 

4. 特徴

 

体色は写真のように黒と白のリング状の模様になっています。

 

一般的に物怖じしなく、コーンスネークと比べると多少気が荒いです。

 

また、一度で5-20個の卵を産みます。

 

生まれてすぐは15cm程度で、3年ほどで成熟します。

 

5. 天敵

 

ワシなどの猛禽類

コヨーテという犬の仲間

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190630130720j:image

 

今回は、カリフォルニアキングスネークの生態や基本情報を紹介させていただきました!!

 

毒が無く、体が丈夫なので初心者にもオススメの蛇になります!

 

同じくペットとしてトップクラスに人気の蛇であるコーンスネークと比べると気が荒いので、油断は出来ませんが飼育方法などは変わらないので、見た目の格好良さからもかなり人気の蛇になります!!

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

アオダイショウの飼育方法!!

アオダイショウは日本で1番よく見られる蛇だと思います。

 

今回は、そんな日本人に馴染みのあるアオダイショウの飼育方法を紹介していきたいと思います!!

 

アオダイショウの生態や特徴についてはコチラの記事で紹介しています!↓

www.yutoleopa.com

 

 

アオダイショウの飼育に必要なもの 

 

1. 飼育ケース

 

アオダイショウは木に登る習性があるので、高さのある飼育ケースが必要になります。

 

高さとしては60cm以上のケースが必要ですね。

 

地上棲の蛇とは違い飼育ケースに費用がかかりますね。

 

2. 床材

床材に関しては、アオダイショウは糞の量が多いのでキッチンペーパーや新聞紙を敷いておくと掃除が便利です。

 

糞をしたらすぐに交換するようにしましょう。

 

3. 水入れ

水入れに関しては、水を飲むためだけでなく、脱皮前に浸かるためにとぐろを巻ける大きさの水入れが必要になります。

 

4. 餌

 

50cm以下はSサイズの冷凍マウス

1メートル以下はMサイズ

それ以上はLサイズ

目安としてはこちらの大きさになります。

 

アオダイショウの飼育方法

f:id:yuto18m:20190626152056j:image

 

1. 購入場所と価格

爬虫類ショップでもあまり売ってる事が無いので、探すのに苦労します。

人気が無いのが難点ですね(笑)

 

価格としては、5000円程度で販売されています。

 

2. ハンドリング

アオダイショウはハンドリングが可能です。

匂いを覚えるので、定期的に触る事で安心感を与える事が出来ます。

 

上から掴み、全身を抱き抱えるようにして捕まえるようにしましょう。

 

3. 適温 

アオダイショウを飼育する上での適温は、18度〜25度です。

また、野生のアオダイショウは冬眠しますが、飼育している場合はヒーターを入れて冬眠させないようにしましょう。

 

高温に弱く、30度を超えると危険なので、夏場はエアコンで管理が必要になります。

 

4. 脱皮

アオダイショウは、2ヶ月に1回ほど脱皮をします。

 

飼育ケースの湿度が低すぎて脱皮不全を起こしてしまう事があるので、脱皮前は霧吹きで湿度を上げましょう。

 

もし脱皮不全になった場合は、ぬるま湯で優しくこすり落とすようにしましょう。

 

まとめ

今回は、アオダイショウの飼育方法について紹介させていただきました!!

 

日本でも馴染みのある蛇で、飼育も容易なので、興味のある方は是非しいうしてみましょう!!

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

アオダイショウの生態や特徴!!

アオダイショウは、日本に生息している毒を持たない蛇で、馴染みのある方も多いと思います。

 

今回は、そんなアオダイショウの生態や魅力を紹介していきたいと思います!!

 

アオダイショウの基本情報

f:id:yuto18m:20190626144224j:image

 

全長 140cm〜200cm

寿命 10年〜20年

 

アオダイショウは名前の通り、青色に近い緑がかった褐色をしていますが、生息地によって差があり、上の画像のように茶色ものや黒いものも存在します。

 

日本最大の蛇でもあります。

 

寿命は、平均15年程度です。

 

アオダイショウの生態

f:id:yuto18m:20190626144623j:image

 

1. 生息地

アオダイショウは、地上だけでなく石の上 木の上 コンクリートの隙間など、幅広く生息しています。

 

また、泳ぐのも得意なので池でも見かけることがあります。

 

人にも近い生き物で、民家の庭に出現することもあります。

 

日本の固有種で、北海道 本州 九州 全国各地に生息しています。

 

2. 餌

幼体はカエル トカゲなどの小型動物

成体はネズミ 鳥類

 

ネズミを食べるために田舎の屋根裏部屋ではよく見られますね。

 

3. 活動期間

昼行性で、夜の間は隙間などに隠れて眠っています。

 

冬の間は冬眠しており、活発に活動しているのは5月〜8月の間になります。

 

採集する方は5月〜8月の昼間に、コンクリートの隙間などが狙い目です。

 

4.特徴

アオダイショウはとても大人しい性格で、毒も持っていないので、捕獲するのも容易です。

 

ただし、噛まれたら凄く痛いので煽らないように注意しましょう。

 

幼体の頃はマムシに似ているため、間違える事が多いです。

 

5. 天敵

割と敵がいないイメージのあるアオダイショウですが、意外にも天敵は多いです。

 

幼体… 猫 カラス シマヘビなど

成体… ワシ 狸 狐 猪などの大型の動物

 

成体は大きいので、必然的に天敵も大型になりますね。

 

毒を持たないのも、天敵が多い原因になります。

 

まとめ

今回は、アオダイショウの生態や特徴について紹介させていただきました!!

 

日本でも非常に馴染みのある蛇で、一回でも見たことはあると思います。

 

危険なイメージのある蛇ですが、アオダイショウは割と大人しく毒もないので、触る事も容易なので意外と可愛いですね!!

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

ニホントカゲの生態や魅力!!

今回はニホントカゲの生態や魅力を紹介していきたいと思います。

 

日本で割と見られる事が多いので、割と馴染みのある生き物だと思います。

 

ニホントカゲの飼育方法についてはコチラの記事で紹介しています。

www.yutoleopa.com

 

ニホントカゲの基本情報

f:id:yuto18m:20190624173430j:image

 

全長 20cm〜30cm

体重 5g〜20g

寿命 5年程度

 

昔は割と住宅地でも頻繁に見られていたのですが、近年どんどん減少傾向にあります。

 

胴体が長いため、割と大きいですね(笑)

 

ニホントカゲの生態

f:id:yuto18m:20190624174022j:image

1. 生息地

 

日本全国に生息しています。

生息場所によって3種類に分類されています。

 

昼行性で、日当たりの良い川辺付近の石やコンクリートの上で日向ぼっこをしているのが良く見られます。

 

冬場は穴を掘って冬眠しています。

 

2. オス メスの見分け方

 

オス… 成体は褐色で、側面に茶褐色の縦縞が入っています。

繁殖期には喉から腹部にかけて赤みを帯びてきます。

 

メス… 黒や暗褐色で、5本の明色の縦縞模様が入っています。

 

3. 餌

 

基本的には、ミミズ コオロギ クモなどの昆虫を捕食しています。

 

稀にですが、果実を食べることもあります。

 

4. 敵

 

ニホントカゲの天敵は多く、鳥類 猫 タヌキ イタチなどの哺乳類 そして蛇などです。

 

5. 尻尾について

 

トカゲといえば、尻尾を切るイメージがあるように、ニホントカゲも危険を感じると尻尾を切り離します。

 

このように自ら尻尾を切る行為を「自切行為」と言います。

 

ニホントカゲの魅力

f:id:yuto18m:20190624175612j:image

 

最近では野生で見つけるのが難しいので、見つけたら若干ラッキーですね(笑)

 

見た目が綺麗なのも魅力の1つですね!

 

飼育方法もそこまで難しくは無いので、是非飼育してみてください。

 

実は、尻尾が青いのは幼体のみで、成体になると青ではなくなります。

 

要するに、青い尻尾のニホントカゲは幼体である証でもありますね。

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190624180337j:image

 

今回は、ニホントカゲの生態や魅力を紹介させていただきました。

 

とても魅力的で身近な爬虫類になるので、興味がある方は是非一度飼育してみるのもアリだと思います。

 

飼育方法に関しては、冬眠対策と餌対策をしっかり準備しておけば簡単ですので、是非飼育してみましょう!!

 

それでは今回はここで終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

ニホントカゲの飼育方法!!

日本に生息しているトカゲで、1番有名なのはニホントカゲでしょう。

 

今回はそんなニホントカゲの飼育方法を初心者にも分かりやすいように紹介していきたいと思います!

 

ヒョウモントカゲモドキより少し難しい部分もありますが、しっかりと飼育すれば大丈夫なので是非皆様飼育してみましょう!!

 

ニホントカゲの生態などはこちらで詳しく紹介しています!!↓

www.yutoleopa.com

 

 

ニホントカゲの飼育方法!

1. 購入場所&価格

f:id:yuto18m:20190623124409j:image

 

ニホントカゲを飼育している方の半分以上は野生で捕獲していると思います。

 

春から秋の間の晴れた日に、コンクリートの上で日光浴をしていることが多いため簡単に捕獲出来ます。

 

野生で捕獲出来ない方は、大型の爬虫類専門店や爬虫類イベントなどで購入する事が出来ます!

 

値段としては、2000円前後で購入できます。

 

2. 飼育環境

ニホントカゲの飼育環境として「屋内飼育」と「屋外飼育」があります。

 

屋外飼育のメリット

自然に近いスタイルで飼育可能

 

屋外飼育のデメリット

冬眠出来る環境を整える必要がある

 

屋内飼育のメリット

温度管理が容易なので冬眠させなくて良い

 

屋内飼育のデメリット

紫外線ライトなどの飼育用品が増える

 

3. 飼育ケース

 

基本的には、爬虫類ケースになります。

 

ストレスにならないために、60㎝程度ある蓋つきのケースを使用するようにしましょう!

 

 

4.床材 石 

床材に関しては、ニホントカゲの隠れ場所にもなるので必ず必要になります。

 

捕獲した所の土を持って帰ってきて使用しても良いのですが、衛生上良くないので、爬虫類用の土を使用しましょう。

 

また、野生のニホントカゲは日光浴を行い、体温調節を行なっています。

 

石やレンガ、流木などで日光浴を行える環境を作れるようにしましょう。

 

5. 紫外線ライト

 

屋内飼育の場合、日光浴の際に紫外線ライトが必要になります。

 

ケースの半分ほどに当たるように紫外線ライトを設置しましょう。

 

屋内飼育でも日当たりの良い場所で日光浴を出来れば良いのですが、窓越しだと紫外線が不十分なので、紫外線ライトは必ず必要になります。

 

6. 餌

 

餌は基本的に虫になります。

 

ニホントカゲの頭より大きいサイズのコオロギを与えると詰まらせて死んでしまう恐れがあるので、サイズに見合ったコオロギを与えるようにしましょう。

 

餌を与える頻度としては週3回程度で十分です。

 

7. 温度管理

ニホントカゲの飼育での適温が25度前後になります。

 

冬眠をさせないのであれば、冬場も25度前後になるようにヒーターで温度管理をするようにしましょう。

 

まとめ

以上が、ニホントカゲの簡単な飼育方法になります。

冬眠に関しては事前に準備が必要であったり、餌の与え方も変わってくるので今度詳しく紹介させていただきます!!

 

YouTubeで動画投稿してます!

是非ご視聴&チャンネル登録お願いします🤲

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

ヒョウモントカゲモドキのクリプトスポリジウム症の症状と治療法!

今回は、ヒョウモントカゲモドキがクリプトスポリジウム症に感染した時の症状と対処法について紹介させていただきます!!

 

 

症状

f:id:yuto18m:20190619185239j:image

 

クリプトに感染してしまうと

・食欲不振

・吐き戻し

・下痢

などの症状が現れます。

 

少し前にレオパの吐き戻しの記事を紹介しましたが、その時の対策法である、

温度が適温 ストレスを与えていない

にもかかわらず餌を食べない時はクリプトスポリジウム症の可能性があります。

 

吐き戻しの記事はコチラ↓

www.yutoleopa.com

 

 

こちらのクリプトスポリジウム症は、人間にも感染します。

 

健康な成人した方であれば感染しても重症化する心配はありません。

 

原因

f:id:yuto18m:20190619191450j:image

クリプトスポリジウムという寄生虫が原因で感染します。

 

長期間飼育している個体が急に感染することはありません。

 

基本的に、既にクリプトに感染している個体から糞や水などを介して感染します。

 

感染した個体で使用していたケースなどから感染するケースもあるので注意が必要です。

 

対処法

1. 根本療法は無し

f:id:yuto18m:20190619185825j:image

レオパがクリプトスポリジウム症に感染した場合、完治することはありません。

 

もし感染してしまった場合は、死を覚悟しましょう。

 

レオパは比較的丈夫で絶食にも耐える生き物なので、かなり痩せ細っても生きていますが、見ていてすごく可哀想になります。

 

対処法は現時点では存在しないので、感染症にならないためにしっかりと予防することが大切です。

 

2. 感染させない

f:id:yuto18m:20190619190401j:image

先ほども言った通り、現代医学ではクリプトスポリジウム症は治療法が無いので、予防することが大切になります。

 

万が一感染した場合に、他に別の個体を飼育している場合は、集団感染の恐れがあるので注意が必要です。

 

もしも飼育個体が感染してしまった場合は、その個体で使用していた 飼育ケース シェルター ピンセット 水入れなどを全て破棄するようにしましょう。

 

また、レオパを購入する場合に既にクリプトスポリジウム症に感染している事もあるので、購入する際は、信頼できるブリーダーやペットショップから購入するようにしましょう。

 

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190619191121j:image

現時点ではクリプトスポリジウム症を完治させる方法は存在しません。

 

もし感染してしまった場合はただちに他の個体に集団感染しないように対処するようにしましょう。

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村

 


レオパードゲッコウランキング

 

 

 

 

ブログ開設3ヶ月突破!

ついに、ブログを開設してから3ヶ月がたちました!!

 

とりあえず第1目標はクリアしました😊

 

ただ、毎日ブログを更新することは出来ませんした、最初は毎日書いていたのですが、忙しくなってきてからというもの、1日、多い時は4日程空いてしまいました。

 

次の目標は、100記事を目標に頑張りたいと思います!!

 

次にアクセスですが

爬虫類ブログ→https://www.yutoleopa.com/

f:id:yuto18m:20190615190325p:image

このサイトに関しては先月の方が多かったですね(笑)

ただ、少しずつGoogle Yahooからのアクセスが増えてきているので良いですね。

 

アイドルブログ→https://www.yutono.com/

f:id:yuto18m:20190615190333p:image

コチラは先月とほとんど変わらないですね。

相変わらずGoogleとYahooが80%ほどです。

 

そして、爬虫類 アイドルブログをアドセンスでサイトの追加で申請しているのですが、コードが見つからない状態が続いており、お名前.COMで転送もしているので原因が分からない状態が続いています。

 

どなたか分かる方いれば教えてください(笑)

 

ウイイレブログ→https://www.yutosoc.com/

f:id:yuto18m:20190615190342p:image

コチラは毎週木曜日に新しい選手が登場してくれるお陰で木曜日は凄くアクセスが増えてくれます!

 

W杯以降ブームが続いていますが、いつまで続くのかが問題ですね(笑)

 

唯一アドセンスに通っているコチラのブログですが、現在もーすぐ一回目の振込が行けそうな程の額に達しました😊

 

今後も少しずつ増えていけば良いかなと思っています。

 

それでは今回はこの辺りで終わります。

3ヶ月という目標を達成できたので次は

各サイト100記事

・アドセンス合格

・WordPressに移行

・新しいサイトを模索中

次の1ヶ月でこの辺りを頑張りたいと思います!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!!

ヒョウモントカゲモドキの吐き戻しの原因と対処法!

今回は、ヒョウモントカゲモドキが餌を吐き戻してしまう原因と対処法を紹介していきたいと思います!!

 

飼育ケース内に食べたはずの餌がある場合は吐き戻しの可能性があるのですぐに対処が必要です。

 

 

 

吐き戻しの原因

1. 飼育温度が適切でない

f:id:yuto18m:20190612183036j:image

 

飼育温度が低すぎると、消化不良を起こしてしまい吐いてしまいます。

 

目安としては、25度を切っていると危ないので、30度前後まで上げるようしましょう。

 

2. ハンドリングが原因

f:id:yuto18m:20190612183432j:image

 

レオパは可愛いので、ハンドリングをしがちですが、爬虫類はハンドリングをされて嬉しいという感情はありません。

 

必要以上にハンドリングをしてしまうとストレスになり餌を吐き戻してしまいます。

 

中でも、食後のハンドリングは控えるようにしましょう。

 

3. 餌を与えすぎ

f:id:yuto18m:20190612183804j:image

 

個体によっては食べる量のコントロールが苦手物も存在するので、餌を与えすぎると吐き戻してしまいます。

 

ついつい餌をいっぱい与えてしまいがちですが、控えるようにしましょう。

 

吐き戻しの対処法

1. 絶食

f:id:yuto18m:20190612184105j:image

 

温度管理が原因の場合は温度を適切な温度に上げ、その後1週間ほど餌を与えないようにしましょう。

 

レオパが吐き戻しをしてしまうと体に凄く負担がかかるため、少し休ませるようにします。

 

水だけを与える状態で1週間ほど餌を与えなくても、レオパは絶食には余裕で耐えてくれます。

 

2. 整腸剤

 

絶食をした後に餌を与える時に、上記の爬虫類専用の整腸剤を使用すると、回復を早めることが出来ます!

 

また、吐き戻した時の餌から別の餌に変えるのも良いです。

 

 

しかし、これだけ対処しても吐き戻しが治らない場合は、クリプトスポリジウム症の可能性があります。

 

ただちに、動物病院に連れて行きましょう。

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190612185104j:image

 

もし、吐き戻しを発見したらすぐに原因を突き止め、対処するようにしましょう。

 

それでは今回は以上で終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村

 


レオパードゲッコウランキング

 

 

 

ヒョウモントカゲモドキのおすすめの床材!!

ヒョウモントカゲモドキの床材は様々な種類があります。

 

1番定番になっているのはキッチンペーパーですよね。

 

キッチンペーパーは安いからという理由だけでなく他にも良い理由があります。

 

今回は私がオススメの床材を5種類紹介して行きたいと思います!!

 

 

1. ペーパー系

f:id:yuto18m:20190610192911j:image

 

1番の定番はキッチンペーパーでしょう。

 

他にも新聞紙やペットシーツなどもあります。

 

【良い点】

・ 掃除が楽

・ 費用が安い

 

【悪い点】

・ すぐぐちゃぐちゃにされる

・ 見栄えが悪い 

・コオロギが下に潜ってしまう

・糞の臭いがきつい

 

良い点から考えると

ヒョウモントカゲモドキを飼育したいけど費用をかけたく無い方にオススメと言えますね。

 

悪い点から考えると

掃除などをする時間は短縮出来ますが、すぐに見栄えが悪くなったりするので結果的に時間がかかってしまいます。

 

【考察】

私も最初はキッチンペーパーを使用していましたが、飼育ケースが大きくなってからは大変なので変更しました。

 

 

2. ソイル系

f:id:yuto18m:20190610193704j:image

 

次に紹介するのは私が現在している床材になります。

 

【良い点】

・ 保温 保湿力が高い

・ 糞の臭いがつきにくい

・ 見栄えが良い

 

【悪い点】

・ 糞の処理を早めにしないとカビが生える

・ ケース内が汚れてしまう

 

良い点から考えると

キッチンペーパーの時に気になっていた糞の臭いがかなり抑えられます。

また、見栄えも良いのでレイアウトを綺麗にしたい方にはオススメです!

 

悪い点から考えると

糞の処理を行う頻度が増える。

ケース内が汚れてしまうので適度な掃除が必要。

 

【考察】

個人的に私が1番オススメの床材となります。

値段もそこまで高く無いので便利ですね。

 

 

 

3. サンド系

 

次は、デザートサンド ホワイトサンドなどのサンド系になります。

 

【良い点】

・ 見栄えが完璧

 

【悪い点】

・ 誤飲してしまう恐れがあります

 

良い点から考えると

レイアウトをそこまで重要視していなくても

勝手に見栄えが良くなります。

レオパが歩いた跡などが残るのは良いですよね!!

 

悪い点から考えると

砂なのでとても細かいため、誤飲をしてしまいやすくなります。

餌を与える時は要注意ですね。

 

【考察】

レイアウトはかなり良い感じになりますね!

ただ、コオロギを与えている方は砂と一緒に食べようとするので危険なのでやめておきましょう。

腸閉塞の病気になってしまう恐れがあります。

 

 

4. チップ系

 

【良い点】

・  保温 保湿 消臭が1番

・  全てにおいてバランスが良い

 

【悪い点】

・ コオロギが潜ってしまう

・ 軽すぎるため水入れやウェットシェルターに入ってしまう

 

良い点から考えると

温度湿度管理は飼育する上で必須なので便利

臭いも気になる事があるので便利

1番安定していると思います。

 

悪い点から考えると

コオロギを与えている方にはオススメ出来ない。

水入れに入ってしまうのは面倒

 

【考察】

個人的に便利だとは思いますが、軽すぎるためレオパが動いたりするだけで変なところに入る恐れがあるのが若干面倒ですね。

 

 

5. 人工芝など

 

人工芝 サンドマットなどがあります。

 

キッチンペーパーの上位互換ですね(笑)

 

【良い点】

・ 一度買うと長い間使用出来る

・ 洗って掃除をするだけなので便利

 

【悪い点】

・ 種類によってはレオパを傷つけてしまう

・ 保温 保湿 消臭に弱い

・ 見栄えもそこまで良くは無い

 

良い点から考えると

種類によっては永久的に使用出来るので便利ですね。

掃除も楽なので時間もかかりません。

 

悪い点から考えると

キッチンペーパーと同じ問題が起きてしまう

固いものだとレオパを傷つけてしまう

 

【考察】

個人的には、キッチンペーパーと比べてそこまで変わらないのでキッチンペーパーがダメだと思った方にはオススメしないです。

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190610200723j:image

 

今回は、ヒョウモントカゲモドキの飼育で使用される5種類の床材を紹介させていただきました!!

 

それぞれに良い点があり悪い点もあるので

良いなと思うものを使用しましょう。

 

個人的には、ベビーの状態ではキッチンペーパーで良いと思います!!

 

それでは今回はここで終わります!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村

 


レオパードゲッコウランキング

 

ヒョウモントカゲモドキを長生きさせる方法!!

今回は、ヒョウモントカゲモドキの寿命について紹介していきます。

 

一般的に飼育下での寿命は10年〜15年

 

そして、野生のヒョウモントカゲモドキの寿命は25年を超えると言われています。

 

そこで、今回は飼育しているヒョウモントカゲモドキを長生きさせる方法を紹介していきたいと思います!!

 

 

ヒョウモントカゲモドキを長生きさせる方法!!

1. 状態の良い個体を購入

f:id:yuto18m:20190606213730j:image

 

ペットショップで購入する時でも、状態が悪い個体も稀に存在します。

 

体調の悪い個体を元気にするのはかなり難しい事ですので、購入する時は慎重に購入するようにしましょう!!

 

尻尾が細すぎたり、体が細すぎたりしている個体は餌食いが良くなかったりするので、太っている個体を選びましょう。

 

2. 餌の頻度

f:id:yuto18m:20190606214124j:image

 

飼育をしている個体は、結構な量の餌を食べているので、餌の頻度によってはかなり丸々としている個体も多いです。

 

しかし、野生の個体は満腹になる事がありません。

 

あまり餌を与えすぎず、ギリギリの量まで餌を減らして飼育するのも長生きの秘訣です!

 

3. 大きい飼育ケース

f:id:yuto18m:20190606214448j:image

 

ヒョウモントカゲモドキは体長が小さく、シェルターに篭って寝ている事が多いため、そこまで大きい飼育ケースを使用している方は少ないと思います。

 

しかし、狭すぎると運動不足になってしまいます。

 

ですが、野生のヒョウモントカゲモドキは餌を求めて動き回っているので運動不足になる事はありません。

 

そのため、飼育環境でも大きい飼育ケースを使用して動き回れるようにしましょう。

 

4. 温度湿度管理

f:id:yuto18m:20190606214904j:image

 

温度 25度〜35度

湿度 40%〜60%

 

これを維持するようにしましょう!

 

ただし、脱皮前は湿度を70%以上にしておきましょう!

 

必ず、飼育ケースに温度計を入れてわかるようにしておきましょう!

 

まとめ

f:id:yuto18m:20190606215414j:image

 

今回は、ヒョウモントカゲモドキを長生きさせる方法を紹介させていただきました!!

 

せっかく飼育するとなると、出来るだけ長生きさせたいですよね!

 

出来るだけ野生と同じ環境に近づけて飼育することが長生きの秘訣となります!!

 

それでは今回はここで終わります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村

 


レオパードゲッコウランキング