ヒョウモントカゲモドキと愉快な仲間たち

主にレオパ 金魚 タウナギ クワガタなどについて投稿していきます!

コーンスネークの生態と飼育方法!

先日、こちらのブログでコーンスネークを少しだけ紹介させていただきました。少し興味を持った方もいるかもしれないので、今回は、そんなコーンスネークの生態と飼育方法について紹介していきます。

 

reopa.hatenablog.com

 

 

 

・コーンスネークとは?

 

コーンスネークは、北米に生息するナミヘビの仲間です。

寒さに強く、性格も温和なのでペットとして人気の蛇になっています。

また、噛むこともほとんど無いので、安全です。

1番の人気の秘密は、色種の多さです。元々は、赤やオレンジだったのですが、長年の品種改良のおかげで、現在では、白いコーンスネーク(スノー)、柄が無いもの(ブラッドレッド)など、自分の好みの色から飼育したいものを選べるほど様々な色のコーンスネークが販売されています。

 

コーンスネークの飼育方法!!

1. 飼育ケース

まずは、飼育ケースですが、コーンスネークの全長は成体で120㎝〜150㎝です。

ただし、とぐろを巻いているため、体長と同じ大きさの飼育ケースは必要ありません。

基本的には、一般的な爬虫類ゲージで大丈夫です。

 


スドー ハープクラフト レプティケース RX-410 (1個) 爬虫類・両生類用 給餌ドア付プラケース 飼育ケース

 

少し本格的な飼育をしたいという方には、こちらもおススメです。

 


【送料無料】コトブキ工芸 ヒュドラケース4625 【小動物 爬虫類ケージ ケース ガラス】

 

お金をかける余裕が無い方は上の飼育ケースで十分飼育できます。

 

2. シェルター

コーンスネークを飼育する上で、シェルターは必須になります。次に紹介する水入れも兼ね備えたシェルターがあると便利です。

普段は下に隠れて、水浴をするときに上に水を入れておくとそこで水浴をするので、便利なのでおススメです。

 


ボーダーウェットシェルター ブルー M 爬虫類 両生類【HLS_DU】 関東当日便

 

水を入れているところでとぐろを巻ける大きさのものを買うようにしましょう。

 

3. 水入れ

上のものがあれば必要ありません。

代用品としては、タッパーでも大丈夫です。

脱皮前に体をふやかすために水浴をするので、必ず水は入れておくようにしましょう。

 

4. 床材

床材に関しては、基本的にはウッドチップなどがおススメです。

糞などをした時に交換する時に部分的に交換出来るので手入れが簡単です。

代用品としては、新聞紙でも大丈夫ですが、糞や尿をした時にすぐに交換するようにしましょう。


スドー レプタイルソフトマット 8L

 

5. ヒーター

北米原産の生き物なので、寒さには強い方です。

飼育ケースの底で温めるパネルヒーターさえあれば十分です。

ただし、温度が低すぎると消化不良を起こしたり餌を食べなくなったりするので、ヒーターもしくは部屋の暖房でケース内を温めてあげましょう。

 


みどり商会 ピタリ適温プラス 1号 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便

 

餌に関しては、今度詳しく紹介していきたいと思います。

 

また、別々に買うのが面倒だという方には、


コーンスネーク 快適飼育セット(パネルヒーター付)

 

こちらさえあればすぐに飼育することが可能です。

 

また、もっと詳しく知りたいという方には、


コーンスネーク完全飼育 飼育、繁殖、さまざまな品種のことがよくわかる (PERFECT PET OWNER'S GUIDES) [ 海老沼 剛 ]

 

こちらを読むと、飼育だけでなく繁殖まで完璧になります。

コーンスネークは、繁殖するのも比較的簡単なので、興味のある方は是非お願いします。

 

・まとめ

私も1度だけ飼育をしていた時期がありましたが、凄く簡単で餌も他の爬虫類と違い与える頻度が少ないので、簡単に飼育できます。

 

ハンドリングをしても噛んでくることはないので、安全です。

ただし、餌を与えた直後にハンドリングしてしまうと、腹に刺激を受け吐いてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

長くなりましたので今回はここまでにします。

 


レオパードゲッコウランキング